日勤と夜勤の違いは?東京の工場求人で働く

日勤と夜勤の違いは、時間帯の違いですが、それ以外にも大きな違いがあります。それは、深夜手当てが支給されるかどうかという違いです。 深夜手当ては法律によって最低でも25%は支払わなければならないようになっています。最低25%ということですが、多くの企業ではその最低ラインの25%が設定されています。しかし、仕事によっては深夜手当が30%以上に設定されていることもあります。 東京の工場求人では残業があることも多いですが、残業手当についても25%以上が支払われるようになっています。深夜に残業をすると両方の手当てがもらえるので、深夜手当て25%、残業手当50%というようになっていれば、合計75%の手当てが支給されるということです。たくさん稼ぎたい人は、残業が多い求人に応募する傾向があります。

東京で募集されているけど勤務地は別となっていることもある?

東京で募集されている工場求人の中には、勤務地が別のエリアとなっていることもあります。そういった仕事にはたいてい、寮がついているので、エリアを問わずに応募ができます。 寮がついている場合には、敷金や礼金などの初期費用は会社が負担してくれています。寮に移動をするためにかかる交通費なども支給されるので、基本的にはコストゼロで仕事を始めることができます。それまで寮に入ったことがないという人はベッドなども運んでしまうことがあります。 ベッド、布団、冷蔵庫など生活に必要なものはほとんどすべて揃っているので、ベットのような大きなものを持ち込んでしまわないようにしておきましょう。契約期間が終わってもとの住所に戻るときに、引っ越しのための費用が多くかかってしまいます。

気になる仕事内容!体力があれば大丈夫?

工場での仕事は、体力がある人ならば楽にこなせるということも多いです。逆に、体力に自信がないという人は慎重に仕事を選んでおかないと、最初のうちは筋肉痛で大変な思いをすることになるかもしれません。重いものをもつことがある仕事なのか、軽い製品を扱う仕事なのか、募集要項から予想をしておくとよいでしょう。 基本的には立ち作業となるので、軽い製品を扱う仕事でも最低限の体力は必要になります。 意外と重要になるのが健康管理です。中には、自分が仕事を休んでも会社が支払う給料が減るのだから問題はないと考えている人もいますが、作業員が仕事を休むと他のだれかがその人がやっていた仕事をこなさなければならなくなるので、職場に迷惑がかかります。健康管理がしっかりとできる人が、企業が求めている人材です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加